光脱毛の仕組み

メラニン色素に反応して熱ダメージを毛母細胞へ与える

光脱毛は光を照射してメラニン色素に反応した熱ダメージが毛根にある毛母細胞へダメージを与えることで脱毛を促します。毛が成長するために必要な毛母細胞を破壊して正常な毛が育たないようにすることで、結果的に次に生えてくる毛の数を減らすわけです。そして、光脱毛により照射する光の強さは、肌にダメージを与えて火傷してしまわないようにするため一定の出力以下に規制されています。また、メラニン色素に反応させることから剛毛かつムダ毛の色が濃いほど少ない照射回数で最大の効果を発揮させることが可能です。このため、メラニン色素が元々薄い毛をしている人ほど毛母細胞へ与えるダメージが少なくなるので、施術回数を増やして満足できる減毛量まで繰り返すことになります。

成長期に合わせて繰り返し施術して減毛する

メラニン色素に反応して熱ダメージを与える光脱毛は、毛サイクルと呼ばれる毛の生え変わりに合わせて最も効果が出やすい時期に照射することが望ましいです。毛が成長期にある時が最もメラニン色素を多く含むので、光脱毛を効果的に行うためには成長期に合わせた一定周期を空けて光脱毛を繰り返します。このため、2ヶ月に1回という周期で18回ほど繰り返して脱毛サロンでの光脱毛が完了するわけです。そして、部位により異なる毛周期に合わせて施術タイミングを調整しながら光脱毛を行えば、同じ回数の施術であっても減毛効果が高くなります。光脱毛は最終的にどれくらいの減毛まで目指すのかといった目標減毛率を設定することで、計画的に行うことが望ましいです。