光脱毛のデメリット

何度も施術に通う必要があること

一般的に脱毛サロンで広く用いられているのが光脱毛、別名、フラッシュ脱毛と呼ばれる施術方法です。安全性が高く、また、他の施術方法に比べて安価でサービスを提供できる反面、デメリットもあります。それは、何度も施術のために脱毛サロンに通わなければならないという点です。光脱毛の場合、安全性の観点からフラッシュの出力に制限が設けられています。それというのも、脱毛サロンは美容脱毛のサービスを提供するところであるため、医療機関のように火傷などに対処することができません。そうなると、必然的に光脱毛の出力を弱めなければならず、脱毛効果も低くなります。一度に脱毛することができないので、全身脱毛だと長期間施術を受ける必要があります。

脱毛の永久的な効果は期待できない

光脱毛では、永久的な脱毛効果を期待できないという点はデメリットになります。光脱毛としばしば比較されるのが、レーザー脱毛です。レーザー脱毛の場合には、高出力のレーザーを用いて毛根の細胞を破壊するため、徐々に体毛が再生しなくなり、最終的には全く体毛が生えてこなくなります。また、全身脱毛に適していて、脱毛の効率もよく、短時間で脱毛することが可能です。それに対して、光脱毛の場合には永久的な脱毛効果は得られないというデメリットがあります。もちろん、光脱毛でも脱毛の効果を得ることは可能です。ただ、体毛が薄くなるだけで、レーザー脱毛のような完全な脱毛ではなく、薄くなった体毛が再び生えてくるということがあります。