レーザー脱毛の仕組み

メラニン色素にのみ反応する

医療用のレーザー脱毛は、メラニン色素にのみ反応するレーザーを使った脱毛方法です。ムダ毛全体の色である黒い色に反応して熱を与え、毛根などの部分にダメージを与えます。そもそも毛根は、毛乳頭とそれを包む毛母細胞などで構成されており、その部分にレーザーを照射することで毛が生えてこなくするのがレーザー脱毛です。レーザーによって毛乳頭や毛母細胞などにダメージを与えるからだといいます。ただし、一度照射してもすべての毛根に効果を発揮するわけではありません。成長期の毛根に照射しなければ効果を発揮しないといわれています。そのため、何度かレーザーを照射し、すべての毛根から毛が生えてこなくすることが必要です。何度か繰り返して毛が完全に生えてこない状態を作ることが、レーザー脱毛に必要といわれています。

皮膚トラブルができるだけないように気を配る

レーザー脱毛では、ムダ毛を短くしておき、その部分にレーザーを照射します。熱が毛根に作用し、毛根を破壊します。破壊された毛根からはもう二度と毛が生えてきません。レーザーで皮膚を焼くことはありませんが、肌がやけどをした状態になる可能性が高い為、照射するときにはジェルなどを塗り、終了したら冷却して肌がやけどをすることを防ぎます。肌に負担をかけないように、医療機関では施術をする前に毎回お試しで照射し、その時の皮膚の状態によってレーザーの出力を変えているのが特徴です。できる限り肌にダメージを残さないように照射していますが、肌質によっては色素沈着や赤み、痒みなどが発生することがある為、照射をして肌に違和感があればすぐに医師に相談してください。